生れ変わる!

極貧からの脱出。お金持ちになる方法、心と体の改善方法。

このページは自己破産体質改善を目的に書かれたエッセイです。

空腹を愉しむ。

先日NHK特集で、長寿の秘密について放送がありその後大きな反響を呼んでいる。100歳を超えて100M短距離走で世界記録をもつ日本人の老人や、24歳の二匹のサルで片方は気もふさふさ、肌つやもいい、もう片方はけが抜け落ち、肌もしみだらけボケもあるらしい。アメリカの研究で最近サーチュウイン遺伝子なる物が発見された。この遺伝子のスイッチが一旦入ると老化を防止し病気を治す100種類以上もの様々な変化が人間の体に起きるらしい。

 

その秘密はというと、低カロリー食。毎日の生活でカロリーを30%程度減らすとのこと。たったこれだけで魔法の遺伝子のスイッチが入る。しかもこの遺伝子人間なら誰でも持っているそうだ。実際番組で5人の人に低カロリー食を実施したところ2-3週間でこの遺伝子のスイッチが入ったことが確認された。

 

番組が終わった後いろいろ調べてみた。そうすると、人間は300万年の歴史のなかで、299万9千900年は飢餓すれすれの生活をしてきた。従って餓えに対応する様々な仕掛けが生物の身体には備わっているらしい。その証拠に餓えに対応する脳内物質やホルモンは130種類以上あるのに対し、過食に対応するホルモンはインシュリンの1種類のみである。

 

さて、ここで空腹に関し考えて見る。空腹を貧困とは結び付けずに魔法の遺伝子のスイッチを入れるためのプロセスと考えてはいかがであろうか?そうすれば、①健康が手に入る、②食費がかからない、③医療費もかからない、④貧乏への恐怖心が減る、など良いことずくめではないか。

 

空腹を愉しむ、延いては貧困を愉しむ境地に至ると、最後は「破産を愉しむ」領地にたどりつくのかも知れない。古来より長寿の象徴である高層は現代で言う破産状況を愉しんで来たのだから。

 

捕虜収容所で生き残る人とは?

ベトナム戦争中、ハノイヒルトンと呼ばれた過酷な捕虜収容所で生き残ったストックデール将軍は過酷な状況で生き残る人、死んでしまう人を観察してきました。まず最初にダメになるひとは悲観主義者との事。どうせ自分は助からないと思う人は本当に些細な病気になって死んでいくそうです。そして次にダメになるひと、実は楽観主義者だそうです。彼らは、「今度のクリスマスには出られる」と思い、クリスマスを迎えます。「次の感謝際には出られるさ」と思いますが、又感謝際が来て落胆します。そして次のクリスマス、また次のクリスマスと時間が経つにつれ現実とのギャップに堪えられなくなり精神を病んでいく。

 

では、どの様な人が生き残るかと言えば、現実を直視し向き合う現実主義者だそうです。現実を認識し、少しでも生き延びるために出来る事を行う。現実を見る人は、現状を変革させる意志を持つのです。

 

さて、借金問題です。なかなか破産を決意出来ない人はもしかしたら楽観主義者かも知れません。そのうち何とかなると目を背けていても勝手に状況は改善されないのです。ハノイヒルトンでいたくましく生き残った人たちの様に現実を直視し向き合うところに明日への活路があるのです。このサイトは現実と向き合う人を応援します。

Get Things Done と言う事。夜逃げのイライラ回避

G.T.D. と言う言葉が、流行の兆しです。物事を処理していくと言う意味の英語です。G.T.D.は仕事をする上で、大切なスキルで専門のトレーナーが有料でレッスンしていたり、専門のパソコンソフトがあったりします。仕事の効率化に役立つばかりでなく、これを習慣として身につけた人が、異口同音に言うメリットがあります。

 

それは、・・・カタルシスです。TO DO リストの項目を処理し消し線を引いていくときにすっきししたことはありませんか?シンクに貯まっていた食器を洗ったり、散らかっていた部屋を掃除したりしたときに感じる気分と似ています。

 

人間は物事を成し遂げたときにすがすがしさを感じるもので、逆にやらなくてはいけないことをやらないで貯めとくと、無意識にイライラが募ることが分かって居ます。

 

さて、借金問題です。例えば夜逃げ。借金の催促から逃れたとしても事態が解決したわけではありません。Get Things Doneになっていないので、無意識でストレスを感じ続けるのです。

 

借金と正面から向き合い、専門家に相談すれば催促はすぐ止まります。自己破産が認められるとG.T.D.のすがすがしさを感じる事もできます。精神衛生を考えても夜逃げより自己破産をお勧めします。

 

無料相談実施中

<無料面談>

平日・土・日・祝・夜間

9:30~21:00(最終予約時間20:00)お仕事が終わってからおいでいただけます。必ずご予約ください。

 

借金返済の赤ひげ先生

若林司法書士事務所

司法書士 若林正昭

・東京司法書士会 

 第3452号

・簡裁訴訟代理関係

 業務認定会員

 第101115号

赤ひげ先生とは

山本周五郎の小説「赤ひげ診療譚」の登場人物。赤ひげは口数少なく無骨だが、厳しい現実から決して目を逸らすことなく、貧しく不幸な人々の救済を願い、医師として最善を尽くす人物として描かれています。若林司法書士はこの赤ひげを標榜し依頼者の頼れる借金のお医者さんであること、をモットーとしています。

黒澤明監督映画「赤ひげ」は名作です。ぜひ一度、見てみてくださいね。

若林正昭
債務整理用語辞典
若林司法書士事務所 TEL:0120-136741
0120-136741