生れ変わる!

極貧からの脱出。お金持ちになる方法、心と体の改善方法。

このページは自己破産体質改善を目的に書かれたエッセイです。

食事の大切さ

食事は体調に直結する。発明王の植松氏によれば、2日前の食事が当日の体調に影響するらしい。影響が出るのが2日遅れなので、食事の大切さをないがしろにしてしまう。

 

食事を気遣うと、体調が良くなり疲れにくいばかりか、落ち込んだ気分が前向きになる。この精神面の健康がお金で悩んでいる時には大きな助けとなる。お金の問題を解決する為の精神エネルギーとなる。

 

スペインの地中海沿岸地域は人口当たりの「うつ」患者が極めて少ない。アメリカの研究機関が調べた結果、食事に秘密があることが分かった。スペインの地中海料理の特徴は先ず、野菜が豊富だ。良い気分に欠かせないビタミンB、ビタミンC、ビタミンEが取れる。そして魚料理。特に青味や赤身の魚にはEPA,DHAといった脳に良い脂肪酸が豊富。さらに最近注目を集めているオメガ9不飽和脂肪酸を豊富に含むオリーブオイルをふんだんに使う。

 

スペイン料理を自分で作り精神強化をしてみてはどうだろう。お金の問題による心の負担が軽減され、解決の糸口が見えて来るはずだ。

 

時間を無駄に使わない

時間は誰にでも平等に与えられていると思われている。しかし、心構え次第で3倍位の開きがある、つまり、一日12時間しか無い人と36時間ある人がいると思えるほど、成果に差がある。

 

時間活用が上手な人には共通する点が多い。

 

①完全主義に陥らない

 

②細切れの時間を上手に使う

 

③ながら族

 

④他人の力を借りる

 

⑤朝や午前中の有効活用

 

⑥断り上手

 

⑦ONとOFFのメリハリ

 

時間活用は覚悟が重要だ。自分は一分一秒を無駄にしないという決意である。心さえ決まれば、スキルの差はそんなに影響しない。お金の問題を克服するには、時間の有効活用を決意する事が大きな活路となる。

 

真面目な人は、休息に罪悪感を感じる。

真面目な人ほど、’休息’と’怠惰’を混同しがちだ。’休息’は必要だから取るものだが’怠惰’な人は必要無いのに’休息’を取る。仕事に行き詰まったときに、休みを返上して仕事に取り組む人がいる。袋小路に迷い込んで視野狭窄になっているのに、ますます仕事にのめり込み視野を狭くしてしまう。

 

仕事が終わり家に帰っても、仕事やお金の事が頭から離れない。風呂に入っていても、床に入ってもお金の事がグルグル頭を駆け巡る。このような時ほど休息が大切だが、追い詰められている真面目な人は休息を取ろうとしない。休息を取らないから新しい視点でものを考えられず、ますます追い込まれるという悪循環に陥る。

 

戦時中の日本軍は月月火水木金金などと言って、兵を酷使した。酷使された兵は戦闘の際に集中力を欠き戦果に悪影響を与えた。十分な休息と豊富な補給に恵まれた米軍とは雲泥の差があった。

 

一流の人ほど、休息の大切さを知っている。彼らは積極的に、戦略的に休む。目標達成のプロセスの中に休息を入れ込む。自分が真に付加価値を発揮出来るのは、十分に休んだ後と彼らは知っている。

 

相撲の世界では、朝稽古の後の昼寝も仕事のうちと言う。戦略的に積極的に昼寝をスケジュールに入れ込んでいる。良く稽古し良く休む力士が強くなる。

 

無料相談実施中

<無料面談>

平日・土・日・祝・夜間

9:30~21:00(最終予約時間20:00)お仕事が終わってからおいでいただけます。必ずご予約ください。

 

借金返済の赤ひげ先生

若林司法書士事務所

司法書士 若林正昭

・東京司法書士会 

 第3452号

・簡裁訴訟代理関係

 業務認定会員

 第101115号

赤ひげ先生とは

山本周五郎の小説「赤ひげ診療譚」の登場人物。赤ひげは口数少なく無骨だが、厳しい現実から決して目を逸らすことなく、貧しく不幸な人々の救済を願い、医師として最善を尽くす人物として描かれています。若林司法書士はこの赤ひげを標榜し依頼者の頼れる借金のお医者さんであること、をモットーとしています。

黒澤明監督映画「赤ひげ」は名作です。ぜひ一度、見てみてくださいね。

若林正昭
債務整理用語辞典
若林司法書士事務所 TEL:0120-136741
0120-136741