生れ変わる!

極貧からの脱出。お金持ちになる方法、心と体の改善方法。

このページは自己破産体質改善を目的に書かれたエッセイです。

食事を考える

どうも意欲が湧かない。仕事が捗らない。何故無気力になってしまったのか思い当たる節がない。そんな時は日常の食事を思い出して欲しい。朝はトーストにジャムを塗りとコーヒーだけ。昼はうどん。夜はおにぎりとカップラーメン。ジャンクフードや炭水化物だけの食事になっていないだろうか?炭水化物はビタミンB群が無ければエネルギー化されない。空腹は満たされてもやる気が出ない人は栄養不足という事が多い。

 

何年か前、NHK夜のドラマ「おばんさい」で主演の相田祥子扮する料理屋の女将が、人生に疲れた客達に「食べることは生きる事」と諭す。人生に疲れたり傷ついたりしていた客達は店に通う内に癒されていく。この女将は実は若い頃夫を亡くし、その後姑から料理を習いながら「食べることは生きる事」という人生訓を学び再び人生を歩み始めたという過去を持つ。

 

「自分のうつを直した精神科医の方法」を著わした宮島 賢也医師は、自身のうつを「ナチュラルハイジーン」という自然治癒力を活かす食事法で克服した。医食同源を地で行く宮島先生に多くのうつ患者が訪れている。

 

徳川家康は天下を取るのに最も力を入れたのは、「長生きする事」と見切っていた。一番気を遣ったのは食事だと言われている。秀吉が長生きしていたら日本の歴史は違ったものになっていたはずだ。

 

食事は運命を、人生を、そして歴史をもかえる。

 

マルチタスクということ

一時代を築いた評論家の竹村健一氏はマルチタスクと言う事を40年以上前に提唱している。例えば、彼女とデートの待ち合わせをしたとする。彼女が30分遅れてきた。でももし本をもっていれば、その時間を読書に充てることが出来る。彼女が来たときに、プリプリ怒っているのではなく「読書が出来た。遅れてきてくれて有り難う」という事になるそうだ。

氏はニュースはテレビを見るのではなくラジオを聞くらしい。原稿を書きながらラジオを聞く。机を整理をしながらラジオを聞く。気になるニュースの話になれば手を止めてじっくり聞く。テレビは5感を奪い他の事が出来なくなるので見ないそうだ。

一度に複数の事を行うとこなす仕事のボリュームが増える。もちろん集中力を必要とするような高度な仕事はじっくり時間を取ってそのことだけを集中して取り組むべきであるが、そうでない仕事は複数の仕事を同時に走らせると成果があがる。

隙間時間を使うとマルチタスクに磨きがかかる。隙間時間も馬鹿に出来ない。たった3駅でも電車に乗っているときは、パソコンを開き仕事をする高橋さん(仮名)は隙間時間を使って本を書き上げる。年間4冊も出版しているというから驚きだ。メールはスマホで移動時間でしか見ないという人材派遣会社の社長は、パソコンでは創造的な仕事しかしないと決めているそうだ。

売れっ子作家は連載を多く抱えるが、ある程度のボリュームを抱えている方がそれぞれの作品の質が上がるという話を良く聞く。

人間は皆24時間を与えられているが、その使い方は時間や仕事に対する取組み姿勢で大きく変わる。

真面目な人は、休息に罪悪感を感じる。

一時代を築いた評論家の竹村健一氏はマルチタスクと言う事を40年以上前に提唱している。例えば、彼女とデートの待ち合わせをしたとする。彼女が30分遅れてきた。でももし本をもっていれば、その時間を読書に充てることが出来る。彼女が来たときに、プリプリ怒っているのではなく「読書が出来た。遅れてきてくれて有り難う」という事になるそうだ。

 

氏はニュースはテレビを見るのではなくラジオを聞くらしい。原稿を書きながらラジオを聞く。机を整理をしながらラジオを聞く。気になるニュースの話になれば手を止めてじっくり聞く。テレビは5感を奪い他の事が出来なくなるので見ないそうだ。

 

一度に複数の事を行うとこなす仕事のボリュームが増える。もちろん集中力を必要とするような高度な仕事はじっくり時間を取ってそのことだけを集中して取り組むべきであるが、そうでない仕事は複数の仕事を同時に走らせると成果があがる。

 

隙間時間を使うとマルチタスクに磨きがかかる。隙間時間も馬鹿に出来ない。たった3駅でも電車に乗っているときは、パソコンを開き仕事をする高橋さん(仮名)は隙間時間を使って本を書き上げる。年間4冊も出版しているというから驚きだ。メールはスマホで移動時間でしか見ないという人材派遣会社の社長は、パソコンでは創造的な仕事しかしないと決めているそうだ。

 

売れっ子作家は連載を多く抱えるが、ある程度のボリュームを抱えている方がそれぞれの作品の質が上がるという話を良く聞く。

 

人間は皆24時間を与えられているが、その使い方は時間や仕事に対する取組み姿勢で大きく変わる。

 

積極的な方をとる

日常生活はいろいろな選択に満ちている。朝ご飯をパンにしようか、ゴハンにしようか。飲み物はフレッシュジュースにしようか、コーヒーにしようか。会社に行くときにタクシーで行こうか、自転車で行こうか。好きな人が二人いるが、本当に好きな美樹さんに告白しようか、彼氏がいなそうなケイコさんに告白した方がより確実だろうか、などなど。

 

昭和を代表するメンターの中村天風は、「選択に迷ったら常に積極的な方を選べ」と諭す。積極的な選択を繰り返し、積み重ねることが人生で最も大切だと力説する。朝ご飯は健康になるためにフレッシュジュースを選択すべきであり、会社には活力増強の為に自転車で出勤すべきであり、彼女に告白するなら好きな人に告白すべきなのだ。

 

さて、お金に悩んだ場合はどうするのか。破産して一から出直すのが積極的解決になることが多い。貴方にとって一番積極的な選択をして欲しい。人生を再建するために一番前向きな判断をして欲しい。

 

無料相談実施中

<無料面談>

平日・土・日・祝・夜間

9:30~21:00(最終予約時間20:00)お仕事が終わってからおいでいただけます。必ずご予約ください。

 

借金返済の赤ひげ先生

若林司法書士事務所

司法書士 若林正昭

・東京司法書士会 

 第3452号

・簡裁訴訟代理関係

 業務認定会員

 第101115号

赤ひげ先生とは

山本周五郎の小説「赤ひげ診療譚」の登場人物。赤ひげは口数少なく無骨だが、厳しい現実から決して目を逸らすことなく、貧しく不幸な人々の救済を願い、医師として最善を尽くす人物として描かれています。若林司法書士はこの赤ひげを標榜し依頼者の頼れる借金のお医者さんであること、をモットーとしています。

黒澤明監督映画「赤ひげ」は名作です。ぜひ一度、見てみてくださいね。

若林正昭
債務整理用語辞典
若林司法書士事務所 TEL:0120-136741
0120-136741