任意整理の体験談

任意整理の決断 夫に知られずに解決しました

D子さん 女性 35歳
職業:パート(販売員8~10万円)
家族構成 :夫(会社員)と子ども(幼稚園)
債務総額:396万円(サラ金4社、信販2社、銀行1社)
毎月の返済額:約13万円

夫には相談できない、結婚前の借金が膨らみ・・・

下宿生活をしていた大学生の頃(平成8年)に、生活費の補てんとして初めて消費者金融のカードを作りました。当時の返済額は数千円で、学生のアルバイト代でも無理なく返済はできていました。そのうち就職したら「一括返済」するつもりでしたし、「完済」は、「簡単にできる」と甘く考えていました。


しかし大学卒業後、地元には戻らず就職をしたので、家賃を始め、洋服代や化粧品代などの支出がかさみ、「完済」どころか1社また1社と借入先が増え、20代後半で結婚した頃には、借入先は7社、負債総額は200万円近くまで達してしまいました。


その後、結婚出産と仕事に就けない時期を数年過ごしました。長女が幼稚園にあがる頃に現在のパートに復職しましたが、その間の返済はOL時代の蓄えでどうにか支払うことは可能でした。しかし返済が日に日に追いつかなくなり、いよいよ一家の生活費にまで手をつけてしまう状況に・・・。夫に家計を任されている罪悪感から誰にも相談ができず、必死になって返済を続けるしかありませんでした。


夫は家計に無頓着ながら、クレジットカードは一切持たない現金主義者です。月給は妻である私の管理でしたが、年間2回の賞与に関しては、帰省費用や自動車購入費等、主導権は夫です。従って毎月の不足分を賞与で補うことは、正直、とても困難でした。


結果、返済を続ければ続けるほど借金は増え、平成21年3月に、初めて若林司法書士事務所を訪れた際の借金総額は約400万円。13年間で総額400万円の借金を作ってしまった現実に、自分自身の責任ながら、愕然とするしかありませんでした。


若林からの提案

債務総額は約400万円と多いものの、

①取引年数が10年以上、もしくはそれに近い業者がある事
②高金利で返済をしていた期間がある事
③既に借入れ不能になっているせいか、1社あたりの残高が比較的少額(40万?)の業者も数社ある事

以上の取引内容から、過払いが発生し、これを元本に充当させることで借金の大幅な減額、さらには過払金の回収も可能であろうと判断

 

「任意整理」をすることに決まりました。司法書士の先生が間に入ることで、返済と督促が止まる事も初めて知りました。
また、低金利で知られる銀行のカードローンについても「任意整理」に含めることを勧められました。交渉次第で将来の利息を免除してもらうことが可能との話で、そのメリットは十分に理解することができました。
不安が無かったと言うと嘘になりますが、相談時に十分な時間を作っていただき「任意整理」の決心がつきました。いま思えば背中を押してもらった心境です。

 

任意整理のその後

任意整理のその後夫は転勤族ですので、数年単位であちこちに転居をしています。 実は手続きを検討し、迷っていた理由には、次の異動辞令が近いという事実がありました。パート収入も途絶えてしまうので、その間の返済を思うと、本当に誰にも相談できず悩み苦しみました。


「任意整理」の結果ですが、7社で約400万円の借金が、3社で合計132万円にまで減額し、消費者金融を含む4社からは、約120万円の過払金を取り戻すことができました。借金が残った3社のうち、2社は過払金で一括返済をしてもらい、現在、支払いをしているのは銀行1社のみです。毎月の返済額も1万5000円と、今後こそ完済を目指して頑張っていきたいと思っています。


任意整理中に予想通りの異動辞令が出て、途中から地方に転居しました。

 

しかし若林司法書士を始め、事務職員の皆様の信頼できるご対応により、距離によって生じる不安を感じることはありませんでした。いまはただただ感謝の気持ちいっぱいです。ありがとうございました。

 

借金問題、過払い金返還請求、任意整理、個人民事再生、自己破産など、お気軽にご相談ください。若林司法書士事務所 TEL:0120-136741
無料相談実施中

<無料面談>

平日・土・日・祝・夜間

9:30~21:00(最終予約時間20:00)お仕事が終わってからおいでいただけます。必ずご予約ください。

 

借金返済の赤ひげ先生

若林司法書士事務所

司法書士 若林正昭

・東京司法書士会 

 第3452号

・簡裁訴訟代理関係

 業務認定会員

 第101115号

赤ひげ先生とは

山本周五郎の小説「赤ひげ診療譚」の登場人物。赤ひげは口数少なく無骨だが、厳しい現実から決して目を逸らすことなく、貧しく不幸な人々の救済を願い、医師として最善を尽くす人物として描かれています。若林司法書士はこの赤ひげを標榜し依頼者の頼れる借金のお医者さんであること、をモットーとしています。

黒澤明監督映画「赤ひげ」は名作です。ぜひ一度、見てみてくださいね。

若林正昭
債務整理用語辞典
若林司法書士事務所 TEL:0120-136741
0120-136741