過払い金226万円を取り戻した40代男性の実録

226万円を取り戻した

〜15年間の借金生活にピリオド。返済のない生活をスタート〜

最初はわずか20万円の借金だった

Y男さん(男性46歳)は、カメラマンとして一人で小さな会社を経営しています。平成7年頃、不況のあおりで、会社経営が苦しくなり、生活費の足しにするために、個人名義で消費者金融から20万円を借りたのがきっかけです。 

 

その後も、お金が足りなくなるたびに、借り入れを繰り返し、他の消費者金融からも借り入れをするようになりました。一向に収入は増えず、増えるのは借金ばかりになってしまい、借りたお金を返すために、新たな借り入れを続けました。

 

借りては返すの繰り返しがはてしなく

最初の借り入れから15年経ち、気がつくと、消費者金融5社、借入総額約233万円にまで膨らみ、月々の返済は12万円にもなっていました。

 

“なんとかしないと、このままでは払いきれなくなってしまう。。。” 

 

平成22年、困り果てたY男さんは、たまたまインターネットで若林司法書士事務所を知りました。

 

完済していても利息分の払い過ぎは返してもらえる?

何年間も返済している借金は、利息を払い過ぎている可能性が高く、それを返してもらう「過払い金の返還請求」という手続きを知りました。

 

私は1社からの借金だけは完済していたのですが(下表 A社)、その場合も、利息を返金してもらう手続きは行えるとのことで、妻から“相談だけでもしてみたら?”とのアドバイスもあり、勇気を出して、事務所に電話をしました。

 

若林司法書士事務所で行った過払い請求手続き

Y男さんの相談を受け、若林司法書士事務所が動きました。

 

Y男さんが実際に過払い金の返還請求手続きをした結果が次の表です。

 

過払い金の返還請求手続きを行ったことで、借入残高は、約233万円から、約4万4千円になり、更に、約263万円ものお金が戻ってきたのです。

債権者  借入時期  借入残高
戻ってきた金額 
手続前 手続後
A社 H14〜H21 ¥0 ¥0  ¥250,000
B社 H 9〜 ¥403,867 ¥0  ¥353,000
C社 H 8〜 ¥297,148 ¥0  ¥245,800
D社 H 9〜 ¥793,511 ¥0  ¥645,000
E社 H 7〜 ¥342,328  ¥0  ¥1,140,000
F社 H 7〜 ¥496,327 ¥44,904  ¥0
 合計   ¥2,333,181  ¥44,904 ¥ 2,633,800
                  Y男さんの手続きの結果

この手続きを利用できるのは

1.現在借入のある方

2.過去10年以内に完済した方 

 

注意点

  1. 過払い金の金額については、あなたの取引年数、取引状況によって様々です。長い期間(おおよそ7年以上)、消費者金融、信販会社を利用している方であれば、まずはご相談ください。
  2. 過払い金返還請求をすると、信用情報機関(ブラックリスト)に登録される可能性があります。

ご相談は無料です。相談した人からラクになる司法書士事務所、若林司法書士事務所にぜひお電話ください。携帯、スマートフォンでも無料です。

無料相談実施中

<無料面談>

平日・土・日・祝・夜間

9:30~21:00(最終予約時間20:00)お仕事が終わってからおいでいただけます。必ずご予約ください。

 

借金返済の赤ひげ先生

若林司法書士事務所

司法書士 若林正昭

・東京司法書士会 

 第3452号

・簡裁訴訟代理関係

 業務認定会員

 第101115号

赤ひげ先生とは

山本周五郎の小説「赤ひげ診療譚」の登場人物。赤ひげは口数少なく無骨だが、厳しい現実から決して目を逸らすことなく、貧しく不幸な人々の救済を願い、医師として最善を尽くす人物として描かれています。若林司法書士はこの赤ひげを標榜し依頼者の頼れる借金のお医者さんであること、をモットーとしています。

黒澤明監督映画「赤ひげ」は名作です。ぜひ一度、見てみてくださいね。

若林正昭
債務整理用語辞典
若林司法書士事務所 TEL:0120-136741
0120-136741