一人でも多くの人を助けたい 若林正昭

若林司法書士事務所 若林正昭

借金苦にあえぐ人に

借金問題を解決したい人が、一番必要なものは何でしょうか?

それは、解決に向けて、やるぞっという前向きな気持ちです。

 

将来に希望を持つことです。

今、借金のことで悩んでいるのは、人生の一時期にすぎないのです。

 

このホームページはクレジット・サラ金問題でお悩みの方々のために作ったものです。借りたお金は返さなければならない。社会の最も基本的なルールの一つです。ですから、ほとんどの方は、一生懸命返済に努力します。そして、返済が苦しいときにも何とか返済しようとして、他の金融機関から返済の為の新たな融資を受けたり、家族や親類縁者に援助してもらったりしています。


しかし、こうして無理な返済を続けていくことは、借金問題の正しい解決方法ではありません。このホームページに載っている何れかの方法で解決する事が、借金問題の正しい解決方法です。


当事務所にご相談に来られたほとんどの方々が、借金問題を解決し、出口の見えない長いトンネルから抜け出し、再び将来に希望を持った生活を過ごしていらっしゃいます。

さまざまな国の制度があなたを守ります。

任意整理、個人再生、それもかなわないなら、自己破産があります。

 

苦しい時にどう生きるか。
苦しい時に何をしたのか。

それが人生の価値になるのかもしれません。

 

借金の状態を前向きにとらえ、自分の力で手続に挑む人たちを味方します。

そのような人たちを応援したいと思います。

 

認定司法書士 若林 正昭
・ 東京司法書士会会員 登録番号 第3452号

・ 簡裁訴訟代理関係業務認定会員 第101115号


昭和30年6月26日生まれ。千葉県出身。

昭和58年に司法書士資格取得後、千葉県にて若林司法書士事務所を開業。

平成14年より事務所を東京に移し、平成15年簡裁代理人認定制度の発足と同時に法務大臣の認定を取得。

 

借金問題を扱う債務整理をライフワークととらえ、現在までに日本全国3500人以上のお金の悩みを解決してきました。豊富な経験と親身な相談で「頼れる町医者」的存在の司法書士として活躍中。

 

趣味はバイクと読書。歴史小説が好きで司馬遼太郎のファンです。休みの時は、バイクで小説の舞台となった城巡りなどをして楽しんでいます。すでに日本全国、北海道から沖縄までバイクで制覇しました。

小さな喜び 

今日、自己破産の手続き予定の依頼人の方から手紙をいただきました。

先日、過払金19万円が返還された方です。
債権者6社、過払金も少し返還されるので、当初は、任意整理をする予定でした。

しかし、身体の具合を悪くされ、毎月の収入もほとんど無くなったため、自己破産をすることになりました。

ご趣味は写真。でも、何台かお持ちだった一眼レフは、ローン返済のために質屋に流されて、現在は小さいデジカメ1台を残すのみだそうです。
手紙には、「好きな写真を撮ることができるなんて夢のようです」とありました。過払い金が戻り、少しほっとされ、趣味の写真撮影をする余裕が生まれたのでしょう。


このようなお手紙をいただくことが、私にとっての小さな喜びです。
今後、自己破産をすることで、この方は借金がなくなります。重くのしかかかっている肩の荷を降ろして、きっと、また、たくさん写真を撮影できる日がくるでしょう。


デジカメで撮影された鎌倉の写真が同封されておりました。とてもきれいな夕日ですね。

無料相談実施中

<無料面談>

平日・土・日・祝・夜間

9:30~21:00(最終予約時間20:00)お仕事が終わってからおいでいただけます。必ずご予約ください。

 

借金返済の赤ひげ先生

若林司法書士事務所

司法書士 若林正昭

・東京司法書士会 

 第3452号

・簡裁訴訟代理関係

 業務認定会員

 第101115号

赤ひげ先生とは

山本周五郎の小説「赤ひげ診療譚」の登場人物。赤ひげは口数少なく無骨だが、厳しい現実から決して目を逸らすことなく、貧しく不幸な人々の救済を願い、医師として最善を尽くす人物として描かれています。若林司法書士はこの赤ひげを標榜し依頼者の頼れる借金のお医者さんであること、をモットーとしています。

黒澤明監督映画「赤ひげ」は名作です。ぜひ一度、見てみてくださいね。

若林正昭
債務整理用語辞典
若林司法書士事務所 TEL:0120-136741
0120-136741